寝屋川の香里園レジデンス歯科のインプラント治療の種類について

当院だからこそできる難症例の治療法

アゴの骨に直接インプラント(人口歯根)を埋め入れするインプラント治療は、埋め込む骨が不足している場合非常に困難な手術となるため、経験の少ない医師の場合対応できない場合があります。 当院では難症例のインプラント治療にも対応しております。 他院で断られた方でも、当院なら治療可能かもしれません。 骨の量が足りない場合においては「サイナスリフト」「GBR」といったような量を補う特殊な技術により手術を行います。 実際にアゴの骨が足りない・少ないといった理由で他院でインプラントを断られた患者様も当院にて成功している例がございます。 是非ご相談ください。

GBR

GBRとは特殊な膜を作りアゴの骨が不足している部分に特殊な膜を作って骨を形成するスペースを確保し、その部分に骨のもととなる物質を詰め、骨の再生を促す治療法です。インプラントを埋め入れるために十分な骨の厚みや幅がない場合、この施術法を採用します。インプラント施術前に実施する場合と手術と同時に行う場合があり、アゴの骨の状態によって患者様に合った方法を選択します。

香里園レジデンス歯科のインプラント治療「GBR」の説明画像

骨が不足している箇所に患者様ご自身の骨か、場合により骨補填剤を入れ、その上にメンブレンと呼ばれる人工膜を置きます。歯周組織が骨の再生促進を邪魔することを防ぐため、この膜で覆っていきます。
吸収性・非吸収性の2種類があり、再生する骨の量が少ない場合吸収性を、多い場合非吸収性を使用します。4~6ヶ月でアゴの骨が再生されます。(※個人差あり)

ソケットリフト

一般的には下アゴのインプラントより上アゴのインプラントのほうが難易度が高いですが、この上アゴの骨が足りない場合にソケットリフトを行います。上アゴ の骨の上部に上顎洞という鼻腔に繋がる空洞がありますが、骨の厚みが少ない状態でインプラントを埋め入れた場合、インプラントがアゴの骨を突き抜けこの上 顎洞に達してしまうおそれがあります。空洞にインプラントが達することでグラグラと安定しなくなり、抜け落ちてしまう結果となります。この問題を解決する施術法がソケットリフトです。

香里園レジデンス歯科のインプラント治療「ソケットリフト」の説明画像

骨のもととなる物質をインプラントを埋め入れる部分(歯が抜けた部分)から上顎洞とアゴの骨の間に注入し、アゴの骨の粘膜(シュナイダー膜)を押し上げ、 押し上げられた上顎洞の粘膜と骨の間に詰まった骨のもととなる物質で骨の厚みを増し、その物質が硬化したのちインプラントを埋め入れます。
※4mm以上骨の厚みがある場合この治療を行い、それ以下の場合ではサイナスリフトが採用されます。

サイナスリフト(上顎洞底拳上術)

一般的には下アゴのインプラントより上アゴのインプラントのほうが難易度が高いですが、この上アゴの骨が足りない場合にソケットリフト同様、サイナスリフ トを行います。ソケットリフト施術時に比べ、サイナスリフトは骨の厚みが極端に少なく、上顎洞と骨との距離が狭い場合実施します。アゴの骨に密着している 上顎洞の粘膜(シュナイダー膜)を剥がして持ち上げることでアゴの骨との間に隙間を作ります。その隙間に患者様ご自身の骨か、場合により骨補填剤(人工骨 のもととなる物質)を流し込みます。骨ができ厚みが十分になるまで半年ほど待ち、インプラントを埋め入れます。

香里園レジデンス歯科のインプラント治療「サイナスリフト」の説明画像

歯が揃っている時の上アゴの骨の状態です。

香里園レジデンス歯科のインプラント治療「サイナスリフト」の説明画像

歯がなくなることによりアゴの骨の吸収が進行します。図のように上顎洞が拡大してしまう可能性もあり、さらにアゴの骨が薄くなってしまいます。

香里園レジデンス歯科のインプラント治療「サイナスリフト」の説明画像

アゴの骨の厚みがなくなることで図のようにインプラントの施術ができなくなります。

香里園レジデンス歯科のインプラント治療「サイナスリフト」の説明画像

骨の厚みが足りない部分の上顎洞底部に患者様ご自身の移植骨や骨補填剤を補填します。このタイミングでインプラントを埋め入れる場合と、骨の造成を待ってから埋め入れる場合があります。
あまりにも骨が薄いケースではインプラント固定ができなくなるため後者を選択し施術を進めます。

香里園レジデンス歯科のインプラント治療「サイナスリフト」の説明画像

インプラントがしっかりと固定されてから人工歯(上部構造)を装着していきます。

All-on-4 / All-on-6

香里園レジデンス歯科のインプラント治療「ALL-on-4」の説明画像
香里園レジデンス歯科のインプラント治療「ALL-on-4」の説明画像
香里園レジデンス歯科のインプラント治療「ALL-on-4」の説明画像

複数またはすべての歯を失っていて、さらにアゴの骨が足りない場合に行うのがAll-on-4 / All-on-6という治療法です。片方のアゴにつき4~6本のインプラントを前歯・奥歯の部分から斜めに埋め込んでいき、そのインプラントを支えとして固定式の入れ歯を留めます。斜めに埋め込むことによりソケットリフトなどを行う必要がなくなります。

オーバーデンチャー

香里園レジデンス歯科のインプラント治療「ALL-on-4」の説明画像
香里園レジデンス歯科のインプラント治療「ALL-on-4」の説明画像
香里園レジデンス歯科のインプラント治療「ALL-on-4」の説明画像

複数またはすべての歯を失っていて、さらにアゴの骨が足りない場合に行います。骨が十分に足りている部分に2~4本のインプラントを埋め込み、入れ歯を支える留め具を付けて入れ歯を安定させる方法です。

当院のインプラント治療には、『選ばれる8の理由』があります。
なぜ寝屋川歯科医院【香里園レジデンス歯科】の
インプラント治療は人気なのか?その理由はこちらからご覧ください。

8riyu