寝屋川のインプラント治療特化型歯科医院は寝屋川インプラントセンター(香里園レジデンス歯科)へ

インプラント治療の流れ

  • 現在のお口の状態を教えて下さい。その際、お悩みやご希望がありましたら是非お聞かせ下さい。
    その後各種口腔内検査を行い、ご希望のかたはレントゲン撮影をしていきます。
    その上で、インプラントにかかる期間や方法、費用などを患者様に納得いただけるまでじっくり説明させていただきます。

  • まず問診にて患者様の歯だけでなく、全身の状態を把握した上で口腔内の検査を行います。レントゲン撮影をし、口の中の型を取ることで顎の骨の量と質を記録していきます。
    それだけでなく、血管や神経の位置を把握するためCT撮影も行います。
    これらのデータを基に患者様一人ひとりに合った治療計画を立てていきます。

  • 局所麻酔にて歯肉を切開して、歯を失った部分の顎骨に穴を開けてからインプラント体を埋め込んでいきます。
    その後治癒により骨とインプラント体を結合させるため一度期間をおきます。
    治癒期間は患者様個々の骨の状態や体調、インプラント体の種類によって決まります。

    ※インプラントを埋め込むために歯の失った部分に打ち込むネジのようなものです。

  • アバットメントとは人工歯をインプラント体に固定する支台のことです。
    インプラント部分の精密な型取りを先に行っておきます。
    その上で、個々の患者様に適したアバットメントのデザインを選択し、装着していきます。

  • アバットメントにうまく適合するだけでなく、患者様の歯の色や形に合った人工歯を作成していきます。
    口腔内に合わせてみて不具合がないことを確認した上でインプラント体の上に取付けます。
    一口に人工歯と言っても材質がさまざまです。その中で患者様の歯にぴったりなものを選択して装着します。

  • 治療終了後から装着したインプラントはあなたの歯です。
    天然歯同様、しっかりお手入れしてあげてください。
    毎食後と就寝前に優しく丁寧に歯みがきをしてください。
    ブラシの柔らかいものを選ぶとより良いです。定期交換もきちんと行うと
    歯は喜んでくれます。
    そして、歯科医院に定期的に通い、メンテナンスを行うことで
    あなたのインプラントは半永久的に持続するでしょう。

当院のインプラント

当院は「ノーベルバイオケア」社のインプラントを採用しております。
ノーベルバイオケアのインプラントは世界No.1のシェアを誇り、世界中の医師や患者様から信頼を得ています。

中でも最もよく知られているのが「ブローネマルクシステム」のインプラントです。1950年代に骨とチタンの結合を発見した、インプラントの祖と呼ぶにふさわしいブローネマルク博士の研究を基に、いち早く開発を始め、世界で初めて実用レベルでのインプラントシステムを提供したのが「ノーベルバイオケア」社なのです。

40年以上もの実績を積み重ね、治療後のインプラント残存率は10年以上で96%、5年以上だと98%にも上るとの報告があります。それどころか実用当初に施術を受け、40年以上経ってもしっかりと残り、後遺症も全くないといった症例まで報告されていますので、ノーベルバイオケアのインプラント技術の高明さがうかがえます。

これだけシェアが大きいと、歯科医院普及率も非常に高く、臨床データの数は膨大なものになります。
そのおかげで仮に何らかの要因でインプラントを取り替える必要に迫られた場合も、ノーベルバイオケアのインプラントなら部品がなくて交換ができないということは皆無といえるでしょう。

 

ノーベルバイオケア社

インプラントの禁忌症について

インプラントは人類にとって非常に意味のある治療法です。しかし、残念なことに全ての方にこの治療が適用できるわけではないのです。例えば、腎疾患などで血液透析を行っている方や急性上顎洞炎(耳鼻科疾患)の方、精神疾患のうち「統合失語症」「大うつ病」「人格障害」「妄想症」「醜貌恐怖」「心気神経症」などの方は手術が難しいケースが多いです。
一方で、一般的に禁忌症と言われている膠原病や多発性硬化症、筋無力症、骨粗しょう症、高血圧、また金属アレルギー以外のアレルギー、ペースメーカーをご使用の方などは、かかりつけ担当医の技術や配慮により、インプラント治療が可能なケースもあります。諦めずにぜひ一度、当院にご相談ください。